« 実はすごかった? AIGオープン2005 | トップページ | スキャナでやりくり »

2006-07-14

『スキャナー・ダークリー』 観たい

暑くて、湿度が高い。ぬるま湯のような夏の夕暮れの空気。快適ではないが、好きな季節。

映画 『スキャナー・ダークリー』 (A Scanner Darkly) の予告編を見た。そそられる。

 『スキャナー・ダークリー』 予告編 (要 QuickTime)

フィリップ・K・ディックのSF小説の映画化。かつては「暗闇のスキャナー」というタイトルで出ていた。映画化に合わせて、新訳された「スキャナー・ダークリー」がハヤカワ文庫SFから出ている。

で、予告編。デジタル・ロトスコープ処理された映画になるということは知っていた。同様の手法で創られたリチャード・リンクレーター監督の前作『ウェイキング・ライフ』は観ていないが、雑誌に載った画像としては見ていて、「ちょっと目先を変えただけのテクニック」だと軽く見ていた。けれど、今度の予告編を見て、意識が変わる。ディックの原作を映画化するにあたって、猥雑かつ幻覚が入り交じった(物語のなかの)現実を映像化するのに、この手法はかなりフィットするかもしれない。

映画のコピーは 《 EVERYTHING IS NOT GOING TO BE OK 》。 期待して秋を待つ。

【参考】 山形浩生さん訳による『暗闇のスキャナー』PDF版 (ご本人が公開中)

(11月14日追記) 秋も終わろうとしているのにいまだ公開されず。 12月公開か? それにしても、日本版の公式サイト(か? ワーナーブラザーズのところ)はひどい。やたらと重い(あるいは回線が細い?)Flashを読み込ませる割に、インタラクションはろくになし。最近じゃ、ここまでダメなつくりのサイトはなかなかないな。

|

« 実はすごかった? AIGオープン2005 | トップページ | スキャナでやりくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96971/10941934

この記事へのトラックバック一覧です: 『スキャナー・ダークリー』 観たい:

» A SCANNER DARKLY [栄太(えいだ)の映画日記]
【A SCANNER DARKLY】 観たい映画のこと。 ブレードランナーの記事を書いて、いろいろと原作者のフィリップ・K・ディックのこともWeb(Philip K. Dick Official Site)で見ていたら、ディック原作の新しい映画が公開され... [続きを読む]

受信: 2006-07-15 16:04

» A Scanner Darkly [jkl]
日本での公開が06年秋として目処がついたみたい。 →A Scanner Darkly 撮影した映像をアニメーション化するデジタル・ロストスコープっていう手法なんだって。 AppleのTrailerページへダイレクトに行きたい人はここから。 いや、手法が云々っていう話はどうでもいいんだけど、こんなやり方、あんなやり方もアリってなってくると元祖アニメ国家日本としても新たな方向性を考えてもいいんじゃないかと。 ハリウッドの後追いで頑張ってCG映画作っても、予算が1/10、1/100な時点... [続きを読む]

受信: 2006-07-24 03:54

« 実はすごかった? AIGオープン2005 | トップページ | スキャナでやりくり »